人参ジュース

にんじんジュースでがんを治す食事療法 ゲルソン療法って?

投稿日:

にんじんジュースの健康の効用を調べていると、ゲルソン療法という言葉に出会います。

ちょっとこわい、厳しい言葉というイメージをもってしまう、名称ですが、、

これは一体どんな療法なのか??

調べてみましたので、わかりやすく、にんじんジュースおたくのわたしがご紹介します。

 

ゲルソンさんについて

ゲルソン療法とは、その名の通り、ゲルソンさんが開発した食事療法です。

では、ゲルソンさんとはどんな人なんでしょう?

1881年、ドイツのヴォングロヴィッツで生まれます。

自ら思い片頭痛を持っていて、自分の頭痛を治す目的で食事療法を行ったということです。

それ以降、食事の研究を深めていき、結核患者の治療にあたります。

そして、ノーベル平和賞受賞者のアルバート・シュヴァイツアー医学博士の妻の肺結核を完治させています。

これ以降、ゲルソンとアルバート・シュヴァイツアーは無二の親友だったそうです。

シュヴァイツアー自身も自分の糖尿病をゲルソン療法で治したというから驚きです!!

すごすぎるゲルソンさん!!!

1959年、マックス・ゲルソン医師がその生涯を終えたとき、親友アルバート・シュヴァイツアーは次の言葉を残しています。

「…ゲルソン医師は、医学史上もっとも傑出した天才だと思う。いちいち彼の名は残っていないが、数多くの医学知識のなかに、じつは彼が考え出したというものが多くある。そして、悪条件下でも多くの成果を出した。遺産と呼ぶにふさわしい彼の偉業が、彼の正当な評価そのものだ。彼が治した患者たちが、その証拠である。」

 

ゲルソン療法について

そんなすごいゲルソンさんのがんを克服するための食事療法がゲルソン療法

なんか興味わいてきますよね。

ゲルソン療法の食事に関するポイントは次の5点

1.完全菜食主義

2.1日2リットル以上、野菜、果汁ジュースを飲む(1時間おきに13回)

3.厳格な無塩食

4.脂肪制限

5.未精白の穀物摂取

かなり厳格な食事療法となっています。

ゲルソンさんによると、にんじんなどの野菜や果物は、副作用のない天然の抗がん剤。

そして、がん細胞の大好きな塩、油を徹底的に控えます。

 

実生活で実践するには?

普段、仕事がある方では、厳格にゲルソン療法を守るのが難しい方も多いと思います。

ここまでできないとしても、塩分摂取をおさえる、脂肪を制限する、そして天然の抗がん剤である、野菜、果物の摂取量を増やすということは、できますよね。

がん細胞は健康な体でもできては消えてを繰り返しているので、ぷちゲルソン療法でがん細胞に戦っていくことは大きな効果があると思います。

そう思って、旦那のメニューを考えるのでした。

 

 

-人参ジュース

Copyright© ピカイチ野菜くんの効果を徹底解説します! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.