人参のおすすめ調理法

人参の栄養を殺さないための加熱について教えます!

投稿日:

「人参」は、サラダに入れて生で食べるも
シャキシャキしていて美味しいですが、

カレーやシチュー、肉じゃがのような
煮込み料理も甘みが増しますし、

野菜炒めや酢豚のように
炒めても色取りがきれいで見映えがしますよね。

 

でも、人参は加熱してしまうと
一部の栄養を壊してしまいます。

 

そうなると、
せっかくの料理ももったいないことになってしまいます。

 

どうせなら美味しく、
しかも栄養も一緒にしっかりと
頂きたいものです。

 

そこで

栄養を壊さないで調理する方法

をお伝えしてゆきたいと思います。

 

人参の栄養は加熱で壊れてしまいます


人参に含まれる栄養素の中で、
ビタミンCや葉酸は、「水溶性ビタミン」と言われます。

 

これは、
茹でると水に溶けだしてしまう性質があります。

 

よって、調理の過程で茹でてしまうと
その分栄養も逃げてしまうことになるのです。

 

人参の栄養を壊さないで調理する方法は?


では栄養を壊さないためには、
どうすればいいのでしょうか?

同じ加熱するにしても、

『炒める』か
『蒸す』ようにします。

 

油との相性はいいので、炒めると栄養を損ねません。

 

それどころか、βカロテンは1・5倍にも増えて
栄養価はアップするのです。

 

野菜は、温野菜にして食べる方が
抗酸化作用も増えて体にイイと言われますが、

それも茹でるよりは『蒸す』ほうが
栄養が逃げないのでおススメです。

 

茹でる場合には出来るだけ短時間にして、
栄養が逃げるのを少しでも防ぎます。

 

また、栄養が溶けてしまった水分を
ゆで汁としてそのまま使える
スープやシチュー、みそ汁などにすれば
すべて体内に取り込むことが可能となります。

 

 

さらに、切り口から栄養が溶けだしますので、
できるだけ丸ごと茹でる方が
栄養を閉じ込める事ができます。

 

また、皮のある部分の方が栄養価が高いので
皮も剥かずにそのまま調理すると良いですよ。

 

まとめ


あまりに栄養のことばかり気にしすぎて、
楽しく美味しく頂くことを
忘れてしまってもいけないと思います。

 

献立を上手に工夫して、

「煮込み料理」、
「炒め料理」、
「蒸し料理」、
「生野菜」、

とバリエーションを持たせて、
ローテーションして行くように
してみてはどうでしょうか?

 

そして、栄養は何も人参だけに限らず、
他の食材からもバランスよく取り込むことは
可能です。

 

さらに、切らず丸ごと、とか
茹でるときもできるだけ短時間にするように

 

という知恵は、調理をする際に
ワンポイントで活かすように
心掛けて行くとイイでしょう。

-人参のおすすめ調理法
-, ,

Copyright© ピカイチ野菜くんの効果を徹底解説します! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.